フォト

白血病の本

Maryのお気に入り紹介

GLAY

お気に入り

  • Reebok ONLINE SHOP
  • セシール - セシールって、ちょっとヤルでしょ。
  • 日比谷花壇
  • 永谷園通販トップページ
  • ANAショッピング ANAのマイルがたまるastyle
  • 伊勢丹
  •  iTunes Store(Japan)
  •  iTunes Store(Japan)
  • 富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART
  • HMVジャパン

リンク

« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »

2013年1月

2013年1月28日 (月)

キャサリンがんばる

今日の採血の結果を先ほど先生から聞きました。

キャサリンたちはかなり頑張り屋さんでしぶといです。

抗がん剤でだいぶ減ってはきたものの、まだ6%くらい出ているんだそうです。

白血球が700だったので、700×0.06=42。

こないだよりすこーし増えているかな?

ちょっと自己主張が強すぎやしないかい?キャサリンさんたち。

まぁ、0にならなくてもいいんですけどね、足の手術ができるくらいになっててほしいなぁ、と思うわけです。

キャサリンたちが増えすぎると、正常な白血球が作られなくなって、感染しやすくなるので、手術とか言っている場合ではなくなるらしいです。

右の股関節も結構痛くなってきたので、今回の入院で手術もしてもらいたいんですよね。

ベッドから車いすに乗り移るのも「いててて・・・」と声を出してしまうくらい、痛くなってきているので、辛いんですよね。

まだまだ時間はありますが、私はかなりのせっかちで、早くキャサリンたちがいい感じに減って、正常な血球が増えてきてくれるのを求めてしまうのですが。

前回、抗がん剤治療を受けた時も、血球が立ち上がるまでの時間はかなりかかったので、今回もそうなんだろう、と思ってはみるものの、やっぱり早く回復してほしいし、早く回復して退院したい。

退院したら、いろんなところに行って、楽しく毎日を過ごしたい。

と、思ってしまうんですよね。

気長に構えていればいいのでしょうが、こういう性格なもんで…。

私がこんなにせっかちでがんばるがんばる言っているから、キャサリンたちもがんばりやさんになっちゃったんだな、きっと。

なんといっても、キャサリンたちも、もとは私の体の一部ですから。

そう考えると、ちょっと不思議な気もしますが、キャサリン=私、ではないけれど、キャサリン≒私。

うーん、あんまり肩ひじ張らずに、がんばらないようにしますかね、今年は。

のんびりのんびり。

2013年1月27日 (日)

今日も晴れています

今日もいいお天気です。

外はきっと寒いのでしょうが、病室内は暑いくらいで、パジャマ一枚で十分です。

寝る時も掛け布団はいらないくらい。

なんだか、温度設定間違っているんじゃ?というくらいのお部屋です。

夏も病院でしたし、この冬も病院。

最近、四季を体感することがないなぁ、とちょっと寂しくもあります。

せっかく四季のある日本に生まれたのに、それを体感できないなんて。

暑いのも寒いのも苦手な私が言うのもなんですが。

今日は、日曜日。

採血もなく、入院患者さんも外泊に行っている人が多いのでしょう、病棟は閑散としています。

私は、熱も出さずに元気ですが、ちょっとおなかの調子が悪いです。

詰まらないように下剤をたくさん飲んでいるからなのか、ずっと下痢をしています。

下剤を減らすと一気につまりそうで、怖くて減らせません。

それから、少し気持ち悪くなったりもします。

食事(というか、今はジュースしか飲んでいませんが)と関係ありそうななさそうなよくわからない吐き気です。

食べた(飲んだ)直後から具合が悪い。。。というのならなんとなく食事と関係ありそうですがそうでもないんですよね。

自覚症状がよくなって、次回のおなかのレントゲンがよくなっていれば、食事の再開も、ということなので、レントゲンを撮るまで頑張って腸が動くようにしないとですね。

血液検査は、ほぼ横ばい。

この前でてきた単球は姿を消してしまいました。

今あるのは、リンパ球と少しの白血病細胞。

早く好中球が出てきてくれないかなぁ、と心待ちにしているのですが、私の好中球は毎度のことながらとても恥ずかしがり屋なので、なっかなか出てこないんですよね。

気長に待ってみます、が、なるべく早く出てきてね。

待ってるよ~!

2013年1月26日 (土)

JUSTICE and GUILTY

ようやく、私の手元に、GLAYのニューアルバム「JUSTICE」と「GUILTY」の2枚と別冊カドカワが届きました。

別冊カドカワの、昨年の長居スタジアムでのライブの様子や記事を読みながら、涙が止まらなくなってしまいました。

正しくは、ドライアイなので涙は出ず、鼻水をずるずるすすっていただけなのですが、昨年の夏のことを思い出しました。

チケットだけはとっていて、このライブに行くのを目標に、がんばっていたのですが、その前に、足の痛みが悪化して入院せざるを得ませんでした。

それから、白血病細胞が増えてきたこともあって、このライブをやっていたころ、私は、抗がん剤治療真っ最中。

ぐったりしていた時でした。

ライブに行けずに、悔しい思いをしたのもそうですし、日々起こることがあまりに辛すぎて、どうにかなるんじゃないかと思いながら、ただただ毎日を生きていたつらい日々を思い出して、涙、じゃなくて、鼻水が止まらなくなりました。

この病気になって、先の予定が立てられなくなってしまいました。

いつ、長期に入院しないといけなくなるかわからないからです。

楽しみで、毎週通っていたピアノ教室もやめました。

いつ再開できるかは未定。

始めたって、いつやめなくちゃいけなくなるかわからないから。

GLAYのライブチケットだって、この数年間、行こうと決めて計画を練っている間に入院が決まり行けなくなり、友人に代わりに行ってもらったことも数知れずです。

旅行の計画だって、直前じゃないと立ちません。

悔しい思いをたくさんしてきました。

これからもそんな生活が続くのかな?と思うと、楽しみをごっそり奪われたようで、悲しくなります。

でも、私は、生きていく。

GLAYのライブを目標にがんばる。

最大の素敵な目標です。

あんなにパワーをもらえて楽しめる空間はないですからね。

ライブに行って、旅行にも行って、友達にもあって楽しく過ごして…。

やりたいことは一つずつやっていこう。

GLAYのニューアルバム、JUSTICE とGUILTY、かなりいいです。

今なら、今度のアリーナツアーの先行抽選予約もできます。

迷っている方は買ってみましょう!!!

2013年1月24日 (木)

足が痛い!

昨日、突然右の股関節(手術していない方)が痛くなってきました。

動かしている時の痛みはずっとあって、仕方ないね、とごまかしごまかし来ていたのですが、安静にしている時も痛み出して、どうしよう…というくらい痛かったんです。

今は、好中球も0だし、こんなんじゃ手術できないし。

もうちょっと耐えてくれーというところなのに。

痛み止めをもらって飲んだら、効きましたが、副作用か何なのか、眠くて体中ぼんやりしたような脱力感。

シャワーやリハビリなど動かないといけない時に前もって飲んで…、ということには使えないな、という感じでした。

半分寝ぼけながら滑りやすいところでシャワーなんて危険ですから。

でも、効いたので、どうしようもなく痛くなったら、飲もうと思っています。

そういう、効くとわかっている薬があるとすごく安心です。

結局、今朝起きたら、痛みは引いていたのですが、原因はなんだったんでしょうか。

徐々に悪くなっているのは確実なことなので、早く手術してほしいです。

でも、まずは、キャサリンたちをなんとかしないといけません。

キャサリン、ちょこっちずつ減っては来てます。

でも、正常な好中球は0ですので、こっちも早く立ち上がってくれないと、です。

赤血球も血小板も輸血しないといけない状況ですし。

抗がん剤の投与が終わって間がないので、当たり前といえば、当たり前の状況ではありますが。

早く戻ってこーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーい。

私の血球たち。

がんばりどころだよ。

2013年1月22日 (火)

禁食

お腹が空きました。
昨日、吐き気と腹痛が再びやってきたので、お昼から食事を止められました。
ジュースなら飲んでいい、との事でしたが、ジュースではお腹いっぱいにならないし、フルーツジュースの甘さにも飽きてきました。
なので、野菜ジュースを買ってきてもらったのですが、野菜ジュースも果物が入っていて、甘くなっているんですよ…。
トホホ…。
トマトジュースも甘さをウリにしているくらいなので、なんだか甘ったるいです。
出汁の缶詰とか売ってないかなぁ…。とか考えてしまいます。
でも、味はどうであれ、何かお腹に入れたい。
甘いけど、まずくて飲めない訳ではないので、野菜ジュースやフルーツジュースを飲んで、空腹を紛らわせてます。
すぐお腹いっぱいになるけど、すぐお腹空きます。
今晩は、パイナップルジュースを飲んでみたら、腹痛が。
いつもと違う場所が痛いんです。
なんだかイヤな痛みだな、と思っていたら、先生に、
「パイナップルジュースは刺激が強すぎる。」と言われてしまいました。
なんでも、移植後の患者さんに、パイナップルジュースを飲んで、下痢が止まらなくなった人がいたとか。
普段、気にもしませんが、粘膜が弱っていると、ガツンとくるようです。
私は、下痢にこそなりませんでしたが、お腹がもう痛くて痛くて、痛み止めを点滴してもらいました。
やっと、痛みが楽になってきました。
おそるべし、パイナップルジュースです。。。

禁食なのに、ジュースを飲んでお腹が痛くなる、というアホな事をしてしまいましたが、 早く何か食べたいです。
何も食べてはいけない、という事以外は、熱も出ないし、元気なんです。
だから、余計にお腹が空いた事に意識が集中してしまうんです。
食は、生きていく上で超基本の事です。
更に、私は食い意地がはっているので(笑)、食事を止めるというのが辛くて仕方ありません。
点滴で栄養はまかなえますが、お腹いっぱいにはならないし、全く楽しみがありません。
病院食はまずいけど、バリエーションもとても少なくて、同じメニューがすぐ巡ってくるけど、やっぱり、自分で食べて噛んで飲み込んで消化する、としないと弱っていく気がするんですよね。
全くの気のせいだとはわかっていますが。
この病気になってわかった事の一つとして、人間、食べなくても点滴で生きていけるんだ、という事があります。
始めの頃は、食べないと死ぬ!位の勢いで病院食を食べてきましたが、死なないけどつまらない、という事を身を以て体験しました。
逆に、食べたら辛い時もある、という体験も一緒にしました。
何事も極端なのはいけない、という事でしょうか。

あー、お腹すいた(笑)。

2013年1月19日 (土)

お腹

最近、調子がよくなってきたので、入院生活がとても暇に思えるようになりました。
いい事、かな?

少し前に、流動食ですが食事もはじまりました。
今、好中球が0なので、この状態でまたイレウスを起こすと大変危険!なんだそうです。
なので、詰まる心配のない流動食を白血球が上がるまで続けます、という事でした。
ジュースはもう飽き飽きしていたので、食事であればなんでもいいから食事をさせてくれ!と思っていましたが、だんだん欲が出てくるもので、ちょっと位噛んで食べるものがほしくなってきました。
流動食は、食事というより飲み物ですからね、形態が。
重湯とか、具のないスープとか。
私も、早く食事らしいものにしてほしいな、と思いつつも、強く主張できないのは、やっぱり、また詰まるのが怖いからです。
下痢をしているのに、下剤を減らせないのもそうです。
もう、あんな思いはしたくないですから。

今日は、なんだかお腹が痛かったり、吐き気がしたりで、イマイチお腹の調子が良くないんです。
先生に言ったら、お腹のレントゲンを撮りましょう、ということ。
念のため。
結果は、前よりもよくなっているそうですが、まだ、ガスが溜まっている、とのこと。
悪くなってなくて一安心でしたが、まだお腹の動きがゆるいそうです。
早く、通常営業に戻ってよー、腸さん。
よくなっているといわれ、さらに、下剤しているので、今日は、下剤を少し減らしてみようと思います。
ダメだったら、明日の朝、追加で下剤を飲みます。

2013年1月14日 (月)

すごい雪でしたね。
今はカーテンひいてしまったので、外の様子がわからないのですが、まだ、降り続いているのでしょうか?
電車が止まりまくっているので、夜勤の看護師さん達が帰れるか心配しています。

みなさん、この三連休はどのように過ごしましたか?
連休は、今までは、嬉しいモノでしたが、入院してからは、する事がないので、嫌いになりました(笑)。
外泊できる人は、外泊してるし、先生も看護師さん達もぐっと数が減って、病棟も静か〜な感じになります。
面会時間がくるとがやがやしだすのもなんとなく怖いです。
だって、今、インフルエンザとか流行っているじゃないですか。
面会の人からうつされる事もあるわけで。
子供連れで面会に来てる人とかもいますが、勘弁して欲しいです。
子供は、何のばい菌持ってるかわからないし、その辺走り周り、触ってまわり…で落ち着きません。
する事がないのに、緊張感だけが増える、という連休は、入院患者にはあまりうれしくないものでした。

まあ、今のところ、食事が止まっている事以外は元気なので、そんなのんきな事が言えるのでしょうが。

早く、食事再開しないかな?
明日、お腹のレントゲンを撮るらしいので、それで、ご飯がどうなるか決まるんだろうな。
頼みます、お腹さん。
早く食べたいので、しっかり動いて下さい。
トイレだったら、がんばって行くから。
今、食物残渣が少ないジュースだけ飲むのを許されていますが、もう、あの甘さには飽きました。
早くご飯食べさせて!

2013年1月11日 (金)

眠り姫…

ここ数日、眠り姫化しておりました。

気持ち悪かったり、熱があったり、おなかが痛かったり…、で体調を壊していました。

眠れるときは眠れるもんですね、朝起きて、気づいたら、夜の6時。

そのあとも寝て、一日中ぐーすか寝ていました。

でも、消灯時間を過ぎると、何だか体調が悪くなって、ちょこちょこ目を覚まします。

だから、昼間眠れるんだと思うのですが、昼間ちゃんと起きて、夜ちゃんと眠る、という事ができるのは、幸せなことなんだなぁ、と思うわけです。

おなかが痛いので、食事も止められました。

なので、1日中寝ていても、困らないわけです。

薬とか点滴の交換とかで看護師さんに起こされる以外は本当に寝ておりました。

今日は、ようやく解熱したので、昼過ぎから起きて、お見舞いの人とお話したりする余裕も出てきましたが、辛かった。

おなかもまだ少し痛いのですが、おなか空いた!

また詰まると大事なので、先生にジュースを飲むことすら禁じられているのですが、ジュースでいいからおなかに入れたいです。

明日の朝まで様子を見て、調子良ければ、ジュース可となるようです。

お願い!今回は詰まらずに、順調に行ってくれー!!!

もう、あんな辛いのはごめんです。

まだ、熱が下がって間がないからなのか、ぽーっとしているのが続いています。

抗がん剤もやっているし、しょうがないのでしょうが、何だかこのぽーっとした感じは気持ち悪いので、早く取れるといいなぁ、と思います。

それにしても眠い。

今日も一晩しっかり寝たいです。

2013年1月 5日 (土)

暑い!

今日は、今季一番の寒さとか言ってましたが、この病室、めっちゃ暑い!
頭がポーっとしてくるくらいです。
私も微妙に熱があるので、そのせいかもしれませんが。
薄手のパジャマ一枚でアイスを食べられるくらいです。

熱といえば、昨日、いきなり38度の熱を出してしまいました。
昨日から、抗がん剤治療が始まりましたが、まだ、抗がん剤の点滴が始まる前の事です。
昨日は、だるくて頭も痛くて、気持ち悪いし、これが初日で大丈夫か?と思いましたが、今日は、比較的体調もよく、食事も半分ちょっと食べられています。
ただ、抗がん剤の影響か、むくみはじめていて(体重が増えてきています)、先生に、「明日の体重をみて利尿剤をつかうか検討します。」と言われてしまいました。
ただでさえ、トイレが近くて困っているのに、その上、利尿剤を使われたら、トイレから離れられません(泣)。
それだけはやめてー!と思っているのですが、どうなることやら。
これ以上体重が増えない事を祈ってます。。。

2013年1月 3日 (木)

入院しました

なんだか調子のよくない幕開けの2013年。
入院が早まるか?とドキドキしていましたが、なんとか予定日の入院となりました。
首からカテーテルを入れて、血小板の輸血をして、今日のお仕事終了。
本格的な治療は明日からです。
今回の入院は、暇つぶしグッズに、マンガを持ってきました。
聖おにいさんを読んでいます(笑)。
病院で、ブッダとイエスのギャグマンガを読んでいるなんて、なんてシュールなんでしょう…。
とか、自分で突っ込んでみたりしたくなる状況ですが、笑いをこらえつつ(4人部屋ですからね)、ギャグマンガを読むのは、苦行に近いです(笑)。
こんなのんきな事を言っていられるのも今のうちかもしれませんが、このままのんびり退院を迎えられないかなー、などとムシのいいことを考えているのでした。

2013年1月 1日 (火)

明けました

あけましておめでとうございます。

今年もブログをぽつぽつと更新していきますので、読んでいただけるとうれしいです。

さて、今年の抱負でも語ってみたいと思いますが、とりあえずは、入院期間を去年より短くすることですかね。

年明け早々入院を控えている身で何を言っているか、という感じですが、もう少し自由な時間が欲しいと思います。

したいことはたくさんあるんですよ。

それから、GLAYのライブには絶対行きたいですね。

あのライブは、私の心の何にも勝る栄養剤ですので。

チケットはもうファンクラブで手にしているので、あとは体調だけなんです。

今年こそ頼みますよ!

それから、たくさん笑って過ごしたいと思います。

笑うと免疫力も上がるらしいので。

大晦日は、入院中の暇つぶしグッズとして買った本を読んで、大爆笑しながら、笑い疲れてしまって(笑うのって結構体力いりませんか?)、ぐったりして年明けを迎えました。

こんなに笑うことは久しくなかったので、顔の筋肉もひきつるかと思いました(笑)。

今朝、目が覚めたら、なんだか気持ち悪いしお腹も痛い。

嫌な感じだなぁ、と思いながら、新年早々寝てばかりいたのですが、なんだか体調が思わしくありません。

入院が早まると嫌なので、もう少し耐えておくれーという感じですが。

というわけで、お正月の特番のお笑いを見ながら笑い倒すということもできずにおります。

まぁ、そんなに笑えなくても、のんびりできればそれでいい、と思っていたので、入院までの日は、のんびり過ごすことにします。

では、今年もよろしくお願いいたします。

« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »