フォト

白血病の本

Maryのお気に入り紹介

GLAY

お気に入り

  • Reebok ONLINE SHOP
  • セシール - セシールって、ちょっとヤルでしょ。
  • 日比谷花壇
  • 永谷園通販トップページ
  • ANAショッピング ANAのマイルがたまるastyle
  • 伊勢丹
  •  iTunes Store(Japan)
  •  iTunes Store(Japan)
  • 富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART
  • HMVジャパン

リンク

« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »

2012年9月

2012年9月28日 (金)

嘔吐

また、吐いてしまいました。
お腹を休めるために、またもや禁食。
へこみました。
でも、今回は2日で禁食も終わり、今日のお昼から食事再開となりました!
今のところ、問題なく経過しています。

早く、普通に食べられるようになりたいなぁ。
こんな時に限って、色々食べたくなります。
おにぎり、ラーメン、焼き肉、お寿司、ハンバーガー、お好み焼き、etc.etc....
(ほぼ、炭水化物ですね。炭水化物大好きです(笑))
こないだ、グルメ雑誌を読んでいたら、「(食べられないのに雑誌読んでつらくない?の意味で)どMだね」と笑われました(笑)。
食べられない期間に移植患者が、グルメ番組に釘付けになったり、パソコンで評判のお店を検索しまくって、「おいしそう~(>_<)」を連発するのはよくあることだと思ってたんですが…(え?私の周りだけ?)

今度こそ、3度目の正直で、がっと持ち直してほしいものです!

2012年9月25日 (火)

下剤

やなタイトルですね(笑)。

悩まされておるですよ。お腹の調子に。
もう、お腹、キリキリ痛いんですが、先生も「下剤、どうします?」なんて言ってくれるようになったのですが、お腹のレントゲンも正常といっていいくらいに回復したそうなのですが、下剤を減らす勇気が出ません。
お腹は、グルグルゴロゴロ言っていて、痛いくらい腸は動いているようです。
なので、先生も下剤を減らすことを考えているんだと思うのですが、わかっていても、またつまるのが本当に怖い。
それだけつらい状況だったようです。

「ようです。」というのは、もう、具合悪過ぎて、よく覚えてないんですよ。
覚えてないけど、次にまたつまることを全身が拒否しているので、本当につらかったんだな、という想像ですが。

でも、さすがにこの状況もつらくなってきました。
明日、先生が来たら、下剤のこと、ちゃんと聞かないと!

2012年9月21日 (金)

車椅子

ご無沙汰しています。
ここのところ、ひどく落ち込むでもなく、ひどく元気になることもなく、でも、どちらかといえば、やる気なく過ごしておりました。

周りから、身障者手帳の申請をしたら?とか、車椅子かりるから試乗してみようとか、この先を心配してくれて、のこととは十分分かっているのですが、受け入れられていないことに適応しろと言わんばかりのエールが届くもんですから、少々疲れておりました。
まぁ、それを断りきれない私いて。
色々考えてくれてありがたいのですが、まだついていけない…とどんよりしていたら、昨日、突然、「足の手術します?」と言われ、びっくり。
いや、びっくりどころの騒ぎじゃなかったですけど。
驚き過ぎて、一時、挙動不審になりましたよ(笑)。
うまくいけば、今よりもっといい状態でいられるかも!とのことでした。
今まで、誰も手術の事は言ってくれなかったんです。
私も、「手術できません!」と言われるのが怖くて、聞けませんでした。
整形外科や血内の先生の話を総合すると、

ステロイドによる、大腿骨骨頭壊死で、こないだ撮ったMRIでは、更に悪化していて、一番痛い左股関節の大腿骨頭はもう半分しかなく、関節がはずれかけている状態なんだそうです。
半分残っているから、痛いらしいです。
全部なくなったら、痛くはないらしいです。(これが不思議)
右の大腿骨頭もやられてはいるけどまだいける。
膝の方は痛いかもしれないけど、歩くに支障はない。
手術すれば、立ったり座ったりも可能、歩けるよ!
だそうです。

え?


歩けるの?
電車にも普通に乗れるって事?
階段も大丈夫?
GLAYのライブ、行けちゃう?

しかも、手術後すぐリハビリを始めて、2~3週間で退院できるそうです。

自分の耳を疑いながら、手術するでしょ?と言わんばかりの先生達を見上げてしまいました。

まだ、手術できるかは、完全には決まっていません。
先生達の話し合いがあってから、とのことでした。
でも、すごい希望の光が降ってきました。

もちろん、手術ですから危険も伴いますし、失敗もあるかもです。
それより、受けられないかもしれません。元の病気のせいで。
でも、何もせずに暗くなっているより、明るい希望の光に飛び込みたい!
望みがあるなら、なんでもしたい。
今回は負けない!
そんな気持ちが湧いてきて、急に元気も湧いてきました。
なんだか、いけるかも!

2012年9月14日 (金)

いろいろ…

まだまだ本調子ではありませんが、お腹もずいぶんよくなってきました。
飲んでいる薬が、今は下剤だけなので(後は点滴からです)、とても血液内科の患者には見えませんが、お腹のレントゲンもかなりいい感じだそうで、ほっとしています。

血液検査の方は、めでたく私の血球達も立ち上がってきたようで、輸血から離脱できました。
肝臓の値も落ち着いてきました。

リハビリも、もうちょっとしたら、気分転換も兼ねて、車椅子でリハビリセンターまで行く?なんて話もでるくらい。

万事順調にいってそうな勢いですが、困ったことが。

私の気持ちが、現状をちっとも受け入れていないんです。
現状=車椅子生活をおくらないといけなくなる、いつまた白血病細胞が増えて来て、何を起こすかわからない不安の中でということ。
今の状態では、足の手術はムリです。
なので、どれくらいか怖くて聞いていませんが、しばらくは車椅子生活をおくらないといけないんです。
それが、不安で仕方ないんです。
多分、条件さえ整えば、車椅子でも楽しく過ごせるし、実際楽しく過ごされている車椅子ユーザーの方はたくさんいらっしゃると思います。
でも、今の私には、退院そのものにも、まったく希望が持てないんです。
うちも引っ越さないといけないでしょうし、通院どころか日々の生活にも、誰かしらの介助が必要です。どうしたらいいんだ?が、本音です。
介護保険適応前の年齢ですので、お金もきっとかなりかかるでしょう。
頭は不安でいっぱい。
このところ眠れないのは、お腹の事が一段落ついて、この先について考える余裕ができてしまったからだ、とようやく気づきました。

退院したら、旅行に行きたい、おいしいものを食べに行きたい、大好きな人達に会いに行きたい、GLAYのライブにも行きたい。
でも、思っていたことができない。できる自分が想像つかない。
こんなにがんばったのに?

受け入れられません。


よく、最期の事を考えるようになりました。
死にたい訳ではありません。
もっと生きたい。
でもね、もう、生きている理由もわからない訳ですよ。
理由なんていらないのかもしれないけど。
生きていく目標を見失ってしまったんです。
目標なんていくらでも、勝手に出て来るものだと思っていたのに。

昨日、看護師さんに話を聞いてもらったけど、気は落ち着いたけど、答えを出すのは自分。
誰もこっそり正解を教えてくれる訳ではありません。
考えていたら涙が止まらなくなります。

あの時、3度目の移植を受けていたらもっと違ったんでしょうか?
後悔の嵐です。

うちでかわいがっていた犬が2年前に亡くなりました。
迎えにきてくれるかな?
考えてしまいます。

2012年9月12日 (水)

流動食、再び

再び流動食が始まりました。
前回の事があるので、かなり恐る恐るですが。
今回は、禁食の期間が長かったせいか、ほんの少し口にしただけで、すぐにお腹いっぱいになってしまうしお腹もゴロゴロ言い出します。
なので、コップ3杯の流動食が完食できません。
でも、ここで焦っては、元の木阿弥。
またイレウスチューブつっこまれたらたまらんですので、少しずつ行こう!と決めました。

今日、同じお部屋の方が、移植のため、無菌室にお引っ越しされます。
すごく仲良くしていただいたので、ちょっと寂しいのですが、がんばって元気な体を手に入れて、無事無菌室から出てきてほしいな、と心から思います。
そして、外来とかで、お互いもっともっと元気になって、ばったり会えるといいな、と思うのです。
短期間ですが、同じお部屋で過ごした、同じ経験をする仲間ですから。

それにしても、最近、眠れなくていけません。
この時間は大抵起きていて、6時過ぎにまた寝入る、という生活を繰り返しています。
一応、睡眠のための点滴(まだ、すべての薬を口から飲めないため)をしてもらっていますが、キレが良すぎるのかなんなのか、朝まで眠れないんです。
昼寝しているので、そのせいもあるとは思うのですが…。
ぐっすり眠りたい。

2012年9月 1日 (土)

チューブ抜けました

今日(あ、もう昨日ですね)は、なんとなく体調よく過ごせました。
お腹を強制的に動かす薬はまだ使っているので、苦行の時間はありますが。
でも、その合間を縫って、お部屋の患者さん達とお話したり。
それから、パラリンピックを見たり。
(今年はオリンピックは一試合も見る気力がなかったので、大進歩です。

それから、やっと!夜になり、イレウスチューブ抜けました~♪
鼻というか、口というか、まだかなり痛いですが、違和感はなくなり、すごく楽です。
抜く時も、ご多分に漏れずチョー痛くて、先生を再び蹴っ飛ばしてやろうかと思う位でしたが。

水なら飲んでもよい、とお達しも下りました。

ただ、このところ、2日間ほど排便がなく、どうしたものか?と思っていたのですが、昨晩から、排便の嵐でゆっくり寝られやしません。
どんだけ溜めてたんだよ!
自分に突っ込みをいれつつ、また、おむつ生活に戻っているので、看護師さんにお詫びしつつ、我慢せずしっかり出すようにしないと!と反省しつつ。

最近、涙もろくていけません。
ちょっとしたことで、いろいろ考え、泣けてきます。(でも、ドライアイなんで、涙はほとんど出ませんが)


この先には、がんばった先には、何が見えますか?

« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »