フォト

白血病の本

Maryのお気に入り紹介

GLAY

お気に入り

  • Reebok ONLINE SHOP
  • セシール - セシールって、ちょっとヤルでしょ。
  • 日比谷花壇
  • 永谷園通販トップページ
  • ANAショッピング ANAのマイルがたまるastyle
  • 伊勢丹
  •  iTunes Store(Japan)
  •  iTunes Store(Japan)
  • 富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART
  • HMVジャパン

リンク

« だるい・・・ | トップページ | 帽子 »

2012年4月 4日 (水)

インスリンの注射

ゆるゆると、日常が始まりつつあります。

と言っても、体力もがた落ちだし、何をするわけでもありませんが、うちにいることが、日常の始まりかな、と。

昨日は、暴風雨の中、受診日でしたので、病院へ行ってきました。

(傘は見事に破壊されました。ちゃんと持って帰ってきましたよ~。)

ちょっとだけ肝臓がよくなっているので、ステロイドを減らすことに。

やった!

そのせいでしょうか。

昨日まで、食べた直後から、気が狂うかと思うくらいおなかがすいていたのが、なんとなく、満腹感も出つつ、少しだけ落ち着いてきました。

実感するのは、食の場面だけっていうのもなんだか悲しいですが、肝臓は自覚症状があるわけではないですし、食は基本ですからねー。なんて。

このまま、順調にステロイドが減って、インスリンもなくなってくれればいいな、と思うわけです。

インスリンと言えば、昨日は、はじめて、病室や自分のうち以外の場所で、打つことになりました(病院に行く日は、お昼は外で食べなくてはいけない時間帯になるのです)。

レストランに入ったのですが、血糖値は、かなりドキドキしながらも、食事が出てくるまでの間にささっと測り、食事が出てきたのを見て、インスリンを持って、トイレに立つ!という、ちょっと不自然な行動…(笑)。

慣れないトイレで、ごそごそしていたら、やっぱりトイレ、待ってらっしゃる方がいるので、落ち着いて打てません。

でも、仕方ないので、打つだけ打って、ささっと出てきて、素知らぬ顔で、ご飯を食べ始めました。

インスリン一人打ちは、思っていたよりハードルは低かったですが、やっぱり、ないに越したことはないですね、こんな緊張感。

無駄に汗をかいてしまいました(笑)。

« だるい・・・ | トップページ | 帽子 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1627458/44750116

この記事へのトラックバック一覧です: インスリンの注射:

« だるい・・・ | トップページ | 帽子 »